曇りのような

町の光ケーブルの工事が来た

申込したのは去年の12月

インターネットをADSLから光に

いろいろと面倒なようで

営業の人は手続きは簡単だと

しかし

いろいろと厄介というか

面倒である

電話で何度も同じ話の繰り返し

ほとほと疲れた感じ

それにしても

光というので期待したが

あまり変化の変わり無し

パソコンのせいなのか

たまたまなのか

とにかくつながるので

いいのだろうが

いちおう晴れ

台風が近くに来ている

風が強い

天気予報では

日本を縦断するらしい

横切るのは北の某国のロケットのようなものだが

週末は雨降りのようで

とくに用事は無いのでかまわない

ところで

仕方なくなのかわざとなのか

それが問題である

どうでもいいこと

これまでも経験している

いまさらどうなろうとも

いくら目を閉じても耳をふさいでも

無視することを出来ない事もある

そういうものである

時間が解決するというが

秒単位で考えるか

数十年単位で待つか

そういう違いなのだろう

気の長い話である