プロバイダ=光

携帯電話が新生活デビューする人にこの時期にアピールするのは、毎年だけど、今回は少し勝手が違う。回線速度をアピールするために、プロバイダ=光?って言わせたいみたい。
どれだけ馬鹿な人に新型を売って、来年度に加速するか?みたいになってる。だから、逆にこれが終わる3年先には新端末が発表されるなぁ。とか、
誰も使いこなせない端末って…未来無いよね。
スマートフォン「新端末」〉ガラケー「蔑む対象」ってやり取りが逆転しちゃう時期に「最新端末!」
ポケベル、PHS、携帯電話、スマートフォン、次。携帯電話が発端で、携帯電話の回線を増やすのが目的だったメーカー。回線がパンクするのが非常事態、これは大体天変地異。GPSを常時発信させて、人物を特定したいのが本音だろう。
本当に管理されたいのかな?とか、思う。安心は誰も情報からは救われないのにな。
あれだ、非常事態で私の安全を金で買収しようとしてたジョジョ彷彿とさせるな。
基本自分は自分で守るって概念を忘れてるのが普通ってどうなんだろうね?災害時救助とライフライン維持とか、なんで、考えないで先を見てるのか?
今の端末に頼れないのは、災害が絶対来ないとか言い切ってる人達の独特なかんがする。
的外れだけど、大体合ってるよね。次はどんな形状だろ?タッチパネルは止めてよね?電磁波に毎回反応されてたら、買えないから。ま、それは無理だろうから、微弱電流の帯電体質を治さなきゃっ、ても、治らないどころか強くなってるんだよねこれ。電球に触れたらピンと鳴ってショートしたのはスゴいショックだった。パリっじゃない!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す



*

CAPTCHA